2019.09.30 Monday

絵の細部

0

     

    先月まで描いていた絵の拡大写真。

    これは旦那に撮ってもらっていて、もともとは小さい絵なので、拡大するとわかる表情、みたいなのがあるのに気付きました。

     

    例えば、この天使の表情なんですが、

    顔は、描きながら悩んだ部分です。

     

     

     

    紆余曲折を経て、結局一番上で落ち着いたのですが、

    何回も重ねているうちに、うっすら凹凸が出てきて、顔を描いたつもりはないのですが、

    天使の表情がうっすら見えるようになりました。

    (言われるまで 気づかなかった)

     

     

    なんだか、目をつぶっているように 見えるでしょうか?

    とても小さな部分ではありますが・・・

    意図せず生まれた表情が、いちばん自然に感じられました。

    岩絵具の面白いのは、こういうところかもと思います。

     

     

    空の割れ目。

     

    コングロメレイト、という石があって。

    いろんな鉱物が混ざり合って、できた石ということですが。

    そういう石が描く模様のイメージもあるかもしれません。

    半透明のオパール部分(?)が水たまりのように見える、綺麗な石です。

    通称ケセラストーンと呼ばれています。

     

    今月は自然災害もあり、なかなか落ち着かない天気でした。

    タイミングなのか、昨日は『天気の子』を観てきましたよ。

    大多数にとって良いとされてることよりも、自分の、「本当の願い」に沿って選択すること。

    その意味を示すお話でしょうか。

     

    (以下ねたばれ注意)

     

    天気の子が天候を操る際に出現する、雨でできた魚のような存在。

    あれは今までの人類史の中で、人柱になってきた存在たちの魂(の成れの果て)なのでしょうか。

    主人公が探しに行かなかったら、彼女もあのまま魚の仲間入りしてたのかも、と思いました。

    あの魚は雨水でもあるので、だとすると雨って一体なんなんだろう・・・と思考は巡ります。

    2019.08.31 Saturday

    八月のいろいろ

    0

       

      天使の絵は、今このような感じに。

      先月の記事と比べてみるとわかるかなと思いますが、だいぶ要素を抽出するような、形になりました。

      これから仕上げていきたいので、この形を壊さないようにして、進めていきたいところです。

      今月は、(ものすごく)暑い中ではありますが、渋谷の日本画の画材屋さんに行って、

      絵の具の買い足しなどもしてこれました。

      この2年くらいかな、結構黒が使いたくて、黒い絵の具をいろいろ見てきました。

      「イカスミ」というのもあってびびったのですが、調べてみるとイカスミってインクにもなるし、

      結構メジャーな黒なんですね。

       

       

      これは、仕事先の店長にいただいた、なんとインドの岩絵の具!です。

      屋台でこういうのが売っているそうですよ。

      黒っぽく見えても、水分を含ませると鮮やかな色になるそうなので、ニカワを接着剤にして使ってみたいと思います。

      わたしのインドのイメージって、漫画家のねこぢるさんの『ぢるぢる旅行記』なんですが、

      それに色水をぶっかけあうお祭りが出てきて、

      最初見たときその色粉なのかな?って思って聞いたところ、もっとちゃんとしたもののようです。

      ちなみにこの漫画は、山野一さんによる後日談的な旅日記『インドぢる』もいい本でした。

      下に敷いている布は、買ったときに付いてくる、インドの買い物袋です。

      ビニール袋が使えないので、こういう布袋に入れてくれるのだとか。

      使うのが楽しみな絵の具です。

       

       

      これは、、夏のお雛様ですかね。

      海っぽいイメージで。魚の模様を描いています。

      これも金箔で仕上げて、完成させたいと思います。

      魚とかヒトデ、貝の模様を描いていると、小川未明さんの『赤いろうそくと人魚』を思い出します。

       

       

       

      こちらは9月に参加させていただく展示のお知らせです。

      いわき市のギャラリー・アートスペース泉にて、金いろの作品展「オーロ遊び展」です。

      お近くの方は、ぜひいらしてくださいませ。

      2019.07.31 Wednesday

      夏のひ

      0

        梅雨が明けたのかわからないうちに、早くも真夏。

        今月の初めは家族の結婚式があり、沖縄に行ってきました。

         

         

        沖縄はなんというか“空気”が濃いところです。

        傷つきと楽園が一緒に存在しているような感じでしょうか。

         

        もう少しゆっくりできればよかったのですが、今回、海で少し泳げたのでとてもうれしかった。

        たぶん20年ぶりくらい?……

        私が最後に泳いだのは、日本海だったので、足もとに不気味な海藻が茂っていたり、波が強かったりで、

        なんだか怖くて浮き輪なしで入れなかったのですが、今回泳いだ沖縄の海は、そんなこともなく。

         

        ――海水って浮かびやすいんだ!ということを人生で初めて体感しまして、

        ぷかぷか海面に浮いて、ものすご〜く気持ちよかったです。

        耳に水入りましたが。

         

         

        これは当日、式場に飾ってもらったウェルカムボードです。

        ひさびさのオイルパステル、楽しかったです ありがとう

         

         

        これは私の誕生日&結婚記念日のお祝い。

        千葉のシェ・レザンジュさん。https://chez-les-anges.com/

        これからも、楽しみにしています。

         

         

        そして描いている絵。

        天使は好きなモチーフですが、こだわりがあるぶん難しい…

        2019.06.30 Sunday

        虹の精

        0

          ここ数日は雨続きで、日中なのに日没直前のような暗さが続き。

          体内時計がうまく作動せず、どうもイマイチぼんやりしがちな毎日でした。
           

           
          これは梅雨入り直前に訪れたバラ園のばら。
          薔薇ってものすごくいろんな種類があり、匂いもちょっとずつ違うのですね。
          「ルイの涙」というばらの匂いにうっとりしつつ、散策しました。
           

           

           
          こういう花を見てると、花を描いてみるのもいいかもしれない、と思ったりもするのですが。
          実物の佇まいというか、そこに宿るエネルギーみたいなものを描きたいとも思うので、
          なかなか形をとるのは難しいです。私にとって。
           

           

          今月は家族から頼まれて、結婚式のウェルカムボードをちょこちょこ描いていました。

           

          「ボタニカルなかんじ」というリクエストだったので、それを意識してます。
          なんとなく、銅版画家の山本容子さんの、『TUGUMI』(吉本ばなな)という本の装丁を思い出したり。
          好きな作家さんなので、知らず知らずのうちに意識していたかもしれません。
           

           
          私は油絵具が扱えなくて描けないのですが、この絵で使っているオイルパステルはけっこう好きです。
          クレヨンの描き心地と、油絵の質感の両方が表現できる感じがするので。
          どういう仕上げをするかもう少し悩みます。
           


          6月といえば紫陽花。梅雨の空気そのものなちょっと憂いを帯びた色ですよね
           


          暗い雨雲のなかに、虹色のプリズムがある、そんなイメージのらくがきです。
           
          2019.05.31 Friday

          五月は緑

          0

             

            4月は桜、6月はアジサイの紫、だとすると、五月は木々の緑、なイメージ。

            GW中、近場の自然公園に出かける機会が何度かあって、植物の中に身を置いてきました。

             

             

             

             

            白い花々といっても、いろんな形状や咲き方があって。当たり前のことですが、自然物は多様だなぁと思います。

             

             

            今月はちょい季節外れですが、岩絵具の絵と同時進行で、貝殻のお雛様も。

            このお雛様を作るのに使っている紙は、某画材店の片隅で昔見つけた紙で、現品限りのお品でした。

            にじみが出しやすいので気に入っていたのですが、すでに製造が終了した紙のようで、

            もう再販されることはない、とのこと。

             

            実はこの数年、地味に同様の紙を探しておりましたが、なかなか出会えないので、

            もう一度、今月、駄目元で販売店に聞いてみたのですが、やはり無いものは無く。

            いよいよ、同じ紙を使うことへの執着は捨てよう、とひっそり決意しました。

            似たような紙はいくつかあるので、今後はそれを使い、見劣りしないように、作っていきたいと思います。

             

            そんなわけで、色々塗っているところ。

            いちばん大きい貝殻一組以外は、旧和紙を使っています。

             

            絵を描いている方は何かしら経験あるのかなと思いますが、気づいたらお気に入りの画材が製造されなくなっている、ということは度々あります。

            特に天然石や、人工石が素材となる岩絵具は、それが激しい傾向に感じていて。

            気に入った色は少し多めにゲットしておいてますが、いつ買えなくなってしまうかわからないので、

            基本、一期一会のような気持ちで使うようにしています。

             

             

            これは自然公園で見つけたハナイカダ。

            葉っぱの上にちょんちょんと花が乗るように咲く、かわいい植物です。

            これは咲く前のつぼみなのかな、まだ黄緑色ですね。

            貴船神社所縁の貝殻の絵を描く時、題材にしたので、写真では見たことがあったのですが

            実物は、初めて目にしました。(こんな絵にしています)

            ヨメノナミダ、という別名もあるそうですよ。

             

             

             

            連休中はどこも混雑、なイメージでしたが、静かなところに出かけられて、なかなか満足でした。

             

             

             

             

             

             

             

            Calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << September 2019 >>
            twitter
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM