2016.09.30 Friday

波のかたみ

0

    こんばんは。

    夜になると、外から虫の鳴き声が聞こえてきて、

    そういう日は静かだなーと思います。

    雨の音と似てるでしょうか。

     

    このところは雨降りの日が続き、朝晩は肌寒い日も増えてきました。

    毎日季節が移り、明日から10月。

    10月になると、もう今年はあと3ヶ月なんだ〜と、例年のようにハッとします...

     

    今月は原始感覚美術祭とアートスペース泉での展示があって、

    あちこち移動も多い月でした。

    本当はもうちょっとここで宣伝等できれば良かったのですが、日々ボンヤリしているうちに終わってしまい、

    次回があればもう少し、頑張りたいところです。

     

    ところで、絵に限らないことだと思いますが、自分が表現したもの、をひとに見てもらうというのは

    すごく緊張するというか、それを通り越して怖かったりもすることがたくさんあります。

     

    でも今回、自分の絵を展示したり、作家さんの絵を見に足を運んだりして思ったのは、

    そこで出会った作品で、良いなあ、とか気になるなあ、と感じて心に刻んだものや、掛けてもらった言葉は、

    自分の中で面影のように残っていて、それが自分で何かの表現をする時、不思議な励みになる感じがします。

     

     

     

    アートスペース泉のオーロ遊び展で展示した絵。今のところ「貝殻遊び」というタイトル。

     

     

    これは、貝殻絵シリーズ「波のかたみ」

     

    この二点の絵は、同じテーマというか、私的には繋がっているものです。

    二枚の貝殻の表と裏で、昼と夜、生と死、みたいな表裏一体のものを描いています。

    (「昼」の貝には小さいヤドカリがいます〜)

    2016.06.30 Thursday

    かけらたち

    0

       

      こんばんは。

      梅雨のただなか、六月最終日に、慌てて日々を思い返しながら書いています。

      ふだん定期的に日記をつける習慣もなく、ブログはなんだかいつも、文章の書き方というか、

      言葉の表し方を探りつつ書いてるな〜と思います。

       

      この時期は頭痛もちにツライ時期で、雨が降り出しそうな時ほど頭もズッシリきて、

      梅雨明けが待ち遠しいような、、でもやっぱり関東の厳しい暑さは遠慮したい。。!

       

      それでも、どちらかといえば冬よりも夏のほうが活発に動けるほうなので、

      夏を迎えて、制作にも手を向けていきたいところ。

       

       

      今月描いた一枚。

      泪ぐむ木、という名前にしようと思っています。

       

      私は、自分で描いている絵を、これはこういう絵です、

      というふうに言おうとして、かえってなんだかわからなくなる、ということがよく起こります。

      自分は強く描きたいものって、実はあまりないんじゃないかな?とがっかりしたりもするのですが

      でも完成した(と思われる)絵を見ていると、その絵が、自分の中のかたちにならない気持ちや

      心の動きを投げかけてくれるような時があって、

      そういう時は、ちょっとほっとするような気持ちになります。

       

       

      夏なので涼しげに(?)貝がらの絵も〜。

      今回は、透明水彩の持ち味をより生かし、柔らかいかんじで彩色してみようと思ったのですが、

      なかなか  ムズカシイ(^-^;)

      2016.01.31 Sunday

      瞬くかたち

      0
        こんばんは。
        2016年最初の投稿なので…あけましておめでとうございます。
        毎年、この時期に来ると寒さも本番でしょうか。
        私はこのところ冷え性が気になり、
        最近は靴下を重ね履きしたりカイロを積極的に導入したりしています。
        足元が温かいだけで、だいぶ快適に過ごせますね〜

        さて、新しい年が明けてひと月めのブログは、干支めぐり版画のことを書こうと思います。
        2016年の年賀は、こんな一枚になりました。



        タイトルは『またたく かたち』です。

        年賀のために版画を作るときは、その年の十干十二支にどんな意味合いがあるのか調べて、
        そこから着想を練っています。
        今年は「丙申(ひのえさる)」。植物の生長にたとえると“果実の成熟を顕す”、ということで
        果実の中に在る、記憶とか可能性とかが混ざり合って、内側に小さな宇宙を形成している…
        といったイメージで描いてみました。
        また申年ということで「みざる、きかざる、いわざる」
        …から「みる、きく、はなす」のような連想もあります。これは私自身の今年の抱負(?)でもあるような…。

        本日絵画室のトップページも、この絵に変更しました。
        今年こそ、ウェブサイトの模様替えをしたい!ということで、それ以外まだ更新してないのですが。。
        果たして望み通りのページになるのやら…


        こちらは昨日見つけた梅の花。
        今冬はやっぱり早いのでしょうか?
        寒い中咲いている佇まいはきれいだなと思いました。

        それでは今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
        2015.01.31 Saturday

        そらの根

        0
          こんばんは
          2015年、最初のブログ更新です。
          それに併せて、先ほど絵画室もちょびっと更新しました。
          昨年描いた作品画像を三点アップ、なかなかのゆっくりペースですが
          今年もどうぞよろしくお願いいたします。

          webサイトの更新は、実は毎回、てんやわんやでやっとこさアップしてます。
          しかも最近気づいてしまったのは、私のサイトはIE以外だと、画像がうまく表示されない、ということ。。!
          横長の絵だと大丈夫なのですが、縦の絵だと圧縮されてしまったり、回転したりするようです。
          今回、なんとかならないかやってみたのですが、いかんせん私の知識不足で
          まったく解消されておりません!すみません(涙)
          もしきちんと観てみたいな、という方がいらっしゃったら、
          しばらくはIEで表示して頂ければ幸いです。

          webサイト(作品の公開)はまだまだやりたいことがあって、知識も技術も追いつかない状態ですが、
          なんとかもう少し改善できないか努めたいところです。
          2015年の抱負ですね。。(T_T)

          さて、そんな今年の(?)干支めぐり版画は、こんな感じになりました。



          『そらの根』というタイトルを付けました。
          空と地中がひとつの根っこで繋がっているようなイメージでしょうか。

          この干支巡り版画は、毎年、十干十二支それぞれの持つ意味からモチーフを連想して、制作しています。
          今年は「乙未(きのと・ひつじ)」、光が遮られた薄暗い場所から、植物が伸び出そうとする…
          そんな意味合いがあるようです。

          寒さも深まるこの季節、地中の草木はちょうど眠っているような状態なのでしょうか。
          光差さない場所でひっそりと息づきながら、芽吹きの時を待つ、小さな存在に思いを馳せながら
          今月を締めくくりたいと思います。
          2014.01.31 Friday

          兆し

          0
            おはようございます。

            2014年、最初の記事となりますので、“あけましておめでとうございます”でしょうか…。

            1月31日の今日は、ちょうど旧正月のようです。

            記事の更新と併せて、絵画室のトップページを今年仕様に変えてみました。

            これは毎年恒例、今年もなんとか刷った“干支めぐり版画”2014年版になります。

            絵について少し書くと、

            2014年は甲午(きのえうま)の年ということで、

            「甲」には“ものごとの始まり”、“草木の芽吹き”といった意味があるそうです。

            絵も、私の中のそういうイメージを基に描いています。

            昨年は転職したり、神社で展示する機会を頂けたり…と、身の回りの出来事が何かと面白い年ではあったのですが、 今年は自分自身について、今まで予想もいなかったことが起こりそうな予感も含め、絵に託しています。

            絵の名前は『兆し』(きざし)としました。

            春の兆し、とか、明るい兆し…という言い回しもあるので、ほのかな暖かさを持つ単語に感じます。

            こちらはトリミング前の画像です。手書きのタイトルなどが見えるでしょうか。。

            ひとに送る際はこんな感じにしています。

            さて、来月は引っ越し(!)もあって、ここの更新ができるかいきなり微妙なところなのですが

            マイペースに綴っていきたいと思いますので

            今年も、私と「みずのえ画報」 どうぞよろしくお願いいたします。^^*

            Calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            twitter
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM