<< 原始感覚美術祭2016 | main | 波のかたみ >>
2016.08.31 Wednesday

夏あそび

0

     

    8月は原始感覚美術祭から始まり、

    仕事、制作、展示準備、搬入、移動、そして高温、多湿、、、

    なんだかめまぐるしく過ぎて、

    ずっとリレーをしてる気分の1ヶ月でした。

     

    原始感覚美術祭、私の展示は塩の道ちょうじやにて、9/4(日)だいたい14:00くらいまでの予定です。

    会期も残りあとわずかとなりましたが、足を運んでくださった方、見てくださった方、ありがとうございます。

     

     

    ちょうじや内にあります「文庫蔵」は、江戸時代の建築をそのまま利用したスペース。

    時間がゆっくり漂っているような、不思議な居心地の良さでした。

     

    貝殻の絵もちょうどよいかんじで収まりました。

     

    感想ノートに、まるで胎内記憶のよう、という言葉を書いてくださった方がいらっしゃって、

    確かに、この場所はそういう感覚がある!とはっとしました。

     

    「文庫蔵」とは元々、書物や美術品を収めておく蔵なのだそうです。

    かつてこの場所に収められていた品々も、長い時を眠るように過ごして

    その空気が今も残って 訪れると不思議な心地になるのかもしれない、と思いました。

     

    今回、展示のために作ってもらった音楽も、そんな物語を思わせるような曲たちで

    なんとなく絵も耳を傾けながら安んでいるような感じがしました。

     

    原始感覚美術祭、会場の一つである木崎湖。

    この日は雨が降っていて、霧に包まれた山が目の前に広がります。

    鳥が一羽、雨の中を悠々と飛んでいき、気持ちよさそうでした。

     

     

     

     

     

    9/4からは、福島県いわき市で、グループ展に出品予定です。

    アートスペース泉にて、9/4(日)〜9/27(火)「オーロ遊び展」

    大学時代、黄金背景テンペラを教えて頂いた先生にお声がけ頂き、参加しております。

    「オーロ」はイタリア語で金、というそうで、金箔技法をテーマにした展覧会です。

    なんだか私には畏れ多いようなテーマですが、、

    金箔の技法は見るのも好きなので、会場に伺うのが楽しみです。

     

     

     

    【おまけ】ちょうじやさんで見つけた箔押し

     

     

    ちょうじやにて、書院造のお座敷で見つけた箔押しの天袋。

    経年のためか?くすんだような風合いになっていましたが、暗い中でも薄ーく金色に見えて、きれいでした。

     

    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM