<< 八月のいろいろ | main |
2019.09.30 Monday

絵の細部

0

     

    先月まで描いていた絵の拡大写真。

    これは旦那に撮ってもらっていて、もともとは小さい絵なので、拡大するとわかる表情、みたいなのがあるのに気付きました。

     

    例えば、この天使の表情なんですが、

    顔は、描きながら悩んだ部分です。

     

     

     

    紆余曲折を経て、結局一番上で落ち着いたのですが、

    何回も重ねているうちに、うっすら凹凸が出てきて、顔を描いたつもりはないのですが、

    天使の表情がうっすら見えるようになりました。

    (言われるまで 気づかなかった)

     

     

    なんだか、目をつぶっているように 見えるでしょうか?

    とても小さな部分ではありますが・・・

    意図せず生まれた表情が、いちばん自然に感じられました。

    岩絵具の面白いのは、こういうところかもと思います。

     

     

    空の割れ目。

     

    コングロメレイト、という石があって。

    いろんな鉱物が混ざり合って、できた石ということですが。

    そういう石が描く模様のイメージもあるかもしれません。

    半透明のオパール部分(?)が水たまりのように見える、綺麗な石です。

    通称ケセラストーンと呼ばれています。

     

    今月は自然災害もあり、なかなか落ち着かない天気でした。

    タイミングなのか、昨日は『天気の子』を観てきましたよ。

    大多数にとって良いとされてることよりも、自分の、「本当の願い」に沿って選択すること。

    その意味を示すお話でしょうか。

     

    (以下ねたばれ注意)

     

    天気の子が天候を操る際に出現する、雨でできた魚のような存在。

    あれは今までの人類史の中で、人柱になってきた存在たちの魂(の成れの果て)なのでしょうか。

    主人公が探しに行かなかったら、彼女もあのまま魚の仲間入りしてたのかも、と思いました。

    あの魚は雨水でもあるので、だとすると雨って一体なんなんだろう・・・と思考は巡ります。

    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM